昨日絽のスーツのフレアースカートの

作り方を出しました❣

細めのスカートも合いそうだったのでタイトスカートも作りました。

フレアースカートの応用編で

フレアースカートは5枚剥ぎでしたが

タイトスカートは3枚剥ぎです。

昨日の作り方と同じですが、

3ヶ所裾は20センチ開けました!

後は裾を1センチの三つ折りで

裾まつりします。



絽の反物でスーツを作りました。

絽の反物は薄くてさらさらなので

端の始末と縫う時に注意すると

わりと簡単にできます。

おかみは時間をかけて作るのは

苦手なので、作り始めるまで

頭の中でしっかり考え、

作り始めたら集中して作ります!


縫い物は素人で、感性だけで作るので、

失敗も多々ありますが、

自分で着るからいいじゃない〜❗

って感じです。なので、

簡単に作れるので、

作り方を出していきますね!

今日はスカートです。

着物の幅をそのまま使うので

端の始末はいりません。

自分の持っているスカートで、

好きな長さを決め、

すそまつり分と

ウエストのゴム入れ部分を

多目に取って、5枚切ります!


5枚剥ぎのスカートです。

5枚を中表に輪になるように縫い、

三つ折りで、すそまつりをして

ウエストをゴムベルトを入れられるように

三つ折りして縫い、

ゴムベルトを入れて終わりです。


絽はこれからの季節、

涼やかで体型も目立たないので、

いいかなと思います。


5月になり、

一気に夏日和、

子供達は外で遊びたい季節です。


昔なら裸足で飛び出していくのでしょうが、今はサンダルです。


かわいいサンダルを

見つけました。

なんと○イソーで100円でした。

少し前に買ってあげたのですが、

娘が孫の履いてる写真を

送ってくれました。

かわいい〜❗❗❗

今は会えないから

さびし〜〜〜〜い❗❗❗❗

今日から長い休みです。

前半に嫌な事をやってしまいたいので、

今日は草取りです。

この軍手と言うか草取り用の手袋、最強です。農家用らしいのですが

さすが、土いじりするのに最高、

やっぱりプロの道具は使いやすい、

手にぴったりフィットして手が疲れない、

鎌を持っても滑らない❗

ホームセンターにも売ってると思います。

草取りが終わったら、ちゃんと最後を締めて、鎌の手入れ、手袋を洗って干す。


ここで『まるはの重曹石鹸襟袖洗い』の

登場です。

きつい仕事の後は、もう何もせず

ビール🍺で昼寝です。

赤ちゃん、入浴



赤ちゃんの入浴について、
初めての赤ちゃんは、お風呂のいれるのも大変な作業です。
赤ちゃんは慣れないので、怖くて泣いてばかり、
お母さん、お父さんも初めての赤ちゃんで
小さいし、ぐにゃぐにゃで泣いてバタバタしたりすると
どうすればいいか、わからないし、
ベビーバスで中腰で腰への負担が半端ないし、

石鹸屋おかみは
10人の孫のばあばとしての、しろうとアドバイス

まず赤ちゃんは泣くのが仕事だと、思っちゃう!!! 案
どうしてなくの?どうしたら泣き止むの?
と考え込まないようにしたらいいかも!!!
泣くことはいいこと、親がおろおろしないこと。

お風呂は一日一回入れて、よごれを洗浄剤で洗わない
いけないきまりはない!!! 案
お風呂なんていつでも入れてあげていいんと思います。
おかみばあばは、赤ちゃんがなかなか泣きやまない時は
赤ちゃんの今の環境を変えてやる意味で、
よく裸にして(服になにかついていたり、何かが当たって気持ち悪いから、泣いてるのかも)
お風呂に入れてあげました。
湯船につからせてあげるだけ、
石鹸屋おかみ所の石鹸も使わなくていいんです。

特に新生児のうんちがゆるい時はまめにおしりを洗ってあげると、
おむつかぶれも、少なくなると思います。
お風呂嫌いの赤ちゃんもいるので一概には言えませんが!!!

冒頭の孫のベビーバスは、魚釣りや野外で使う大きな容器
です。
蛇腹になっていて、小さくたためて、蓋までついています。
これなら、お湯の量の加減もで来るし、お湯を捨てる時も簡単、
とにかく、パパママの負担を最小限に・・・!




バッカン バケツ - iShiné 車のごみ箱
と言う商品です。
お水が18ℓはいるようです。

孫がいるアパートはお風呂が狭くお風呂場にベビーバスを入れたら
身動きできない状態でした。

子育ては工夫の連続です。
少しでも親子共々が、らくで楽しく生活するには、どうしたらいいか考えてみたらいいと思います。

たとえば、このバケツを台所の流しに持って行って、そこで赤ちゃんを入れてあげると、
腰の負担も軽減かも!
 

おはようございます。

連休前の出勤は辛いです。

体はもうお休み気分です。

休みにも、自宅でやりたいことが山ほどあります。

本当は、どこかに出かけて、リフレッシュって気持ちがありますが、

いまは自宅で、たのしいことを考える時ですね。

 

おかみには、なんと10人の孫がいます。

休みになると

孫たちが来て、夕食を食べて、お風呂に入って、

寝るだけになって帰っていきます。

 

今は自粛して、だれもきませんが・・・!

さ、さびし〜いい!!!

 

帰ったあとの脱衣所はバスタオルの山

 

そこでおかみは考えました.

 

バスタオルを半分にしてみようしてみよう。

 

 

バスタオルを縦に切って切った部分を三つ折りにしてミシンで縫いました。

アドバイスとしてくれぐれも横に切らないほうがいいと思います。

 

 

バスタオル、「一枚が二枚、二枚が四枚、四枚が八枚」10枚のバスタオルが5枚のバスタオルに・・・!

 

すごく使い勝手がいいです。

洗濯ものが半分、

小さい孫も自分でふけます。

子供の多い家庭、孫の多い家族

ぜひ作ってみてください。

 

 

おはようございます!

久留米に住んでいるおかみは久留米絣が大好き!

片付けできないおかみのバックの中は大変な事になっています!


そこで久留米絣でバックインバックを作る事にしました。

かわいいバックができました。

なんとリバーシブルにしました。

大好きな『鬼滅の刃』の炭治郎の市松模様の着物に似ている久留米絣を買いました。

素敵に出来ました。ポケットが全部で9個もあり最強です。


 

手作りマスクは作っているのですが、どこもゴムが売り切れ!

そこで使い捨てマスクを使い捨てないでカバーを作る方法が出てました。

そこで試しに子供用を作ってみました。

まず子供用のハンカチを立て半分に切り

それを中表に折って

折った反対側をミシンで縫います。

両側を三つ折りこの時三つ折りの中に輪ゴムを入れて縫いました。

ってこんな感じで作ってみました。

このハンカチカバーを何枚か作って付け替えたらいいんじゃないかなと思います。

石鹸屋おかみは,大阪に住んでいた事もあり、お好み焼きは山芋入れて本格的に作るのですが、少し飽きた感があったので、チヂミを作る事にしました。

初めは材料を用意して無かったので、キャベツの千切りとネギで作りました。

付けだれはチヂミ粉の袋の裏に書いてあります。醤油と酢と胡麻油です。美味しく出来ました。

主人は昔食べた『ふなやき』みたいで懐かしいって喜んで食べました。

チヂミは卵も他の材料もあまり要らず、サッパリして美味しいです。

2回目はニラを買って来て作りました。

目先を変えて食事を考えるのも楽しいです。

今日はお休みで時間がたっぷりあるので夏用の絽の反物で何か作ろうと思いました。昨日の内に反物を洗っていたので、アイロンがけから、サラサラとしていて少し透け感のある生地は私のお気に入りのロングスカートと同じデザインにしたらきっとかわいいはず❗

午後にはできました。

思った通り素敵なスカートが出来ました。

はいてくるくる回るとふわりふわりと風に舞ます。

コロナが収束したらこのスカートを履いて遊びにいきたいな!

それまではガマンガマン!

まだまだ生地は残っているのでかわいい上着を作ろう❗